物を買う

「何かが欲しい」と思うことは、実はニートやひきこもり脱出のためには、大切な「欲」です。

逆に「何も欲しくない」という考え方であれば、何か行動しようと思うことはないでしょう。欲がないということは、ニートやひきこもりであることを助長しているようなものです。

人間が欲を持つということは自然なことです。人間が食べて、寝るのは生きるためです。自分の生を明日へと繋げていくためです。だから、欲を持つということは、何ら恥ずべきことではありません。むしろ、適度な欲を持つのは、歓迎すべきことです。

あなたが今欲しいと思っているものは何でしょうか?

もし、今欲しいものがあり、なおかつそれがあまり高価なものでないのなら、とりあえず買ってみましょう。高価で容易には手に入らないものであれば、すぐに買うというわけにはいかないと思いますが、それほど値段が高いわけでもなく、手に入りにくいわけでもないのなら、買ってしまいましょう。

何かを買うということは、次に繋がっていきます。「○○も欲しい」という感情を持つことができれば、その欲が次第に自分の行動範囲を広げてくれるのです。

ニート、ひきこもり脱出のために「物を買う」というと、ちょっと変に思われるかもしれませんが、「何かがほしい」と思うことは、必ずニート、ひきこもり脱出のきっかけになります。恥ずかしがらずに、自分の欲しいものを手に入れてみましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

体を動かす

長期間にわたって体を動かしていないと、自然と体力は落ちていきます。体力というのは、目に見えるものではないため、自分の体力が落ちていても、なかなかそれを実感することは難しいです。ふとした瞬間に、「あれ、いつの間にこんなに体力が落ちたんだろう」と思うことでしょう。

体力がないと、すぐに疲れてしまいます。そんな状態では、仕事に就いても大変な思いをすることになるでしょう。

だからこそ、普段から体を動かし、体力を作っておく必要があるのです。

体力づくりといっても、べつに本格的にスポーツを始めたり、走りこんだりということではありません。可能であれば、スポーツを始める方がよりよく体を動かせますし、その方が良いのでしょうが、とりあえずは必要最低限の体力を作ることを考えましょう。

基本的な必要最低限の体力を作るための方法として考えられるのは、「歩くこと」「筋トレ(筋肉トレーニング)」です。

今現在、ほとんど体を動かしていないという場合は、「歩く」だけでも、体力づくりに効果があります。家の中にいてばかりでは、ほとんど体を動かすことはありませんから、当然のことながら体力は落ちていきます。ですから、まずは散歩がてらに外に出て、少しでもいいので歩いてみるのです。無理せず、自分が歩ける時間、距離からでも構いません。一朝一夕では体力はつきませんが、定期的に歩くようにしていれば、自然と体力がついてくるはずです。

外に出たくないという方は、「筋トレ」をお勧めします。筋トレの方法についてはさまざまありますので、インターネットで調べるなどして、自分に合った方法を探してみましょう。

体を動かすことは、健康を維持するために役立ちますし、体力づくりにもなります。まったくなにも体を動かしていないという方は、少しずつでもいいので、今日から始めてみましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

瞑想する

瞑想する、というと何か神秘的で容易にはできないような気がしてしまうかもしれませんが、別に本格的な座禅や瞑想をしろというわけではありません。

人間は、普段からとても多くのことを同時に考えています。いつも頭はパンク状態、という方もいるかもしれませんね。情報が簡単に手に入るようになったことで、生活することが便利にはなっているのですが、その代わりに余計な情報まで頭に入ってしまいます。

あまりにたくさんの情報や感情、思考を持ちすぎると、ストレスも増えます。ストレスが増えれば、集中力がなくなったり、体調が悪くなったりすることでしょう。

そんな状態に置かれてしまった時に、対応策として行うの瞑想です。

といっても、そこまで本格的に取り組まなくても大丈夫です。ただ、背筋を適度に伸ばして座り、体の力を抜きながら、深呼吸するだけです。一人の時に行うのが好ましいです。そして、可能な限り、頭では何も考えないようにします。この辺は口では説明し辛いですので、少しづつ時間をかけて体得していくといいと思います。

瞑想は集中できる時と、集中できない時がありますが、特に気にしなくても大丈夫です。集中できない時は、どうしてもあせってしまいますので、無理に瞑想しようとしない方がいいと思います。瞑想に集中できる時は、私の場合はその場から動くのが嫌になるほど、体も心もリラックスできることがあります。

私のやり方の場合は瞑想というよりは、「深呼吸」に近いかも知れません。ですが、それでも終わった後は非常にリラックスしているのを実感できます。難しくはないので、とりあえずやってみましょう。心身ともにリラックスできますよ。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。