ニート・ひきこもり脱出のために行動しよう

何でもいいから、とにかく笑おう
笑っている人と、笑っていない人。どちらのほうが幸せに見えるでしょうか?普通は笑っている人の方が幸せに見えるでしょう。笑うということは、笑っている…

本を読む
あなたは毎日、本を読んでいますか?本を読むということは、人生を生きていく上で非常に大事なことです。本には様々な知識、知恵が蓄えられています。それを読むことで、知識、知恵を…

趣味を作る
「あなたの趣味は何ですか?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?趣味を持つ、ということは、ニート、ひきこもり脱出には必ずプラスになります。趣味を持つことで行動範囲が広がりますし、まだ趣味を持っていないという…

瞑想する
瞑想する、というと何か神秘的で容易にはできないような気がしてしまうかもしれませんが、別に本格的な座禅や瞑想をしろというわけではありません。人間は、普段からとても多くのことを同時に考えています。いつも頭はパンク状…

体を動かす
長期間にわたって体を動かしていないと、自然と体力は落ちていきます。体力というのは、目に見えるものではないため、自分の体力が落ちていても、なかなかそれを実感することは難しいです。ふとした瞬間に、「あれ、いつの間にこんなに…

物を買う
「何かが欲しい」と思うことは、実はニートやひきこもり脱出のためには、大切な「欲」です。逆に「何も欲しくない」という考え方であれば、何か行動しようと思うこと…

自分の責任は自分でとる
私がある時に気付いたことなのですが、本当の大人というものは「自分の責任は自分でとる」ことができる人間のことなのだと私は思っています。自分の行動の責任をとるという覚悟があれば、道理のないことはしなくなる…

何でもいいからやる
「何でもいいからやる」というのは、まさにそのままです。ニート、ひきこもり脱出のために、何でもいいからやるのです。ニートやひきこもりという状態を改善するために、これといった特効薬がある…

外に出る理由を作る
何か行動するとき、そこには何らかの理由があります。食事をするのは、食欲を満たすため。本を買うのは、本を読むため。バス停に行くのはバスに乗るため。といった感じです。…

求人を探す
求人を探す、というと抵抗がある方もいるかもしれません。まだ、仕事に就くための肉体的、精神的な準備ができていない、という方もいることでしょう。ですが、求人を探す=仕事に行くというわけではありません。ただ、今後…

アルバイトを始める
ニート、ひきこもりから脱出する際に、いきなりフルタイム(8時間)で働くのは、おそらくきついでしょう。ニートやひきこもりでいる期間が長いと、どうしても体力が落ちてしまいますし、長時間にわたって人と接することになれば、精神的にも辛…

今、自分には何ができるかを考える
今、あなたがニート、ひきこもり脱出に向かってできることはなんですか?ニート、ひきこもり脱出といっても、それは一朝一夕でできるものではありません。少しずつの努力を積み重ねることで、次第に目標へと向かっていくのです。…

今、自分には何ができるかを考える

今、あなたがニート、ひきこもり脱出に向かってできることはなんですか?

ニート、ひきこもり脱出といっても、それは一朝一夕でできるものではありません。少しずつの努力を積み重ねることで、次第に目標へと向かっていくのです。

何かをしても全く進まないということはありません。ただ目標が遠いので、前進しても進んでいるように感じないだけです。実際は少しずつ前進することができるのですから、できることを見つけて、少しずつでも進んでいきましょう。

目標を一度に達成することはできません。日々の努力で目標に近づくのです。だからこそ、今何ができるかが重要になってきます。

今、あなたには何ができますか?

もしちょっとでも目標に近づける行動があるのなら、まずはそこから手をつけてみませんか? それのみではニートやひきこもりから脱出することはできないかもしれませんが、一歩でも近づくことができるのなら、まずはそれを実行するべきです。

努力すれば必ず前進することはできます。結果が良くないということはあるかもしれませんが、その結果も何らかの役には立つものです。

だから、今できることを考えましょう。ほんの一歩でも前に進めれば、前進です。どんな小さなことでもいいので、前に進むことを考えましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める

アルバイトを始める

ニート、ひきこもりから脱出する際に、いきなりフルタイム(8時間)で働くのは、おそらくきついでしょう。ニートやひきこもりでいる期間が長いと、どうしても体力が落ちてしまいますし、長時間にわたって人と接することになれば、精神的にも辛いものがあると思います。

ですので、まずはフルタイムの仕事ではなく、アルバイトの仕事から始めてみましょう。

アルバイトであれば、働きたい時間や、何時間働くのか、どんな仕事内容かなどが、ある程度自由に選択することができますし、言い方は悪いかも知れませんが、フルタイムに比べて責任も少ないため、仕事自体も辞めやすいです。

働くのが嫌だという方も、例えば1時間のアルバイトであればできそうに思えませんか? まずは1時間でも2時間でもいいですから、アルバイトを始めてみましょう。一日だけの短期バイトでもいいです。とにかく自分ができそうなアルバイトを探してみます。

実際に仕事を始めてみれば、いろいろと経験することもあるでしょう。人との接し方や、お客様への対応、礼儀作法など。そうして仕事をすることで、さまざまな経験をしておけば、それが人間的な成長につながっていきます。仕事をすることで自信もつくでしょうし、「もっと長時間働きたい」「こんな仕事をしてみたい」という思いも生まれるかもしれません。そのためにはまず、とにかく何でもいいので仕事をしてみることです。

元ニートでひきこもりの私からのアドバイスとしては、まずは短時間で、人とあまり接しないアルバイトがお勧めです。

焦らず、まずはゆっくりと仕事に慣れていくつもりで構いませんので、ニート、ひきこもりの第一段階としてアルバイトを始めることを考えてみましょう。探せば、自分でもできそうなアルバイトというのは、意外とあるものですよ。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 今、自分には何ができるかを考える

求人を探す

求人を探す、というと抵抗がある方もいるかもしれません。まだ、仕事に就くための肉体的、精神的な準備ができていない、という方もいることでしょう。

ですが、求人を探す=仕事に行くというわけではありません。ただ、今後のために、とりあえずどんな仕事があるのかを確認しておく感じで大丈夫です。始めは求人情報を見るだけでも抵抗があるかもしれませんが、まずは求人を探すこと、見ることに慣れましょう。

求人を探す方法としては、インターネットで転職サイトなどから求人を探す、ハローワークに訪問して探すなどがありますが、お勧めは「ハローワークインターネットサービス」というハローワークが提供している求人情報サイトです。

ハローワークインターネットサービスでは、ハローワークに寄せられている求人情報のほとんどを、自宅から確認することができます。ハローワークは非常に多くの求人情報を網羅していますから、それをインターネット上から確認するだけでも、かなり多くの情報が得られると思います。

ただし、ハローワークインターネットサービスでは、求人情報のすべてを見ることはできませんので、一部の求人情報は、直接ハローワークを訪問して確認する必要があります。

始めはとにかく求人情報を見るだけでもいいです。まずは焦らないで、「求人を探す」という行動に慣れていきましょう。もちろん、興味惹かれる求人があれば応募することを考えてもいいですね。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

外に出る理由を作る

何か行動するとき、そこには何らかの理由があります。

食事をするのは、食欲を満たすため。本を買うのは、本を読むため。バス停に行くのはバスに乗るため。といった感じです。

あなたはなぜ外に出ないのかと質問されたら、もしかしたら「外に出る理由がない」と答えてしまうのではないですか?

人間は、必要のない行動に時間を割いたりすることは、あまりありません。目標や理由があるからこそ、人は行動しようと思うのです。

だから、外に出るためには、まずその理由を作りましょう。

例えば、図書館に行って本を読む、自然と触れ合うために公園に行く、体力づくりのために散歩をするなど、何らかの目的を持つことができれば、自然と外に出ることも多くなると思います。

もちろん、やりたくないことを無理にしろとはいいません。ただ、外の世界に興味を持つということは大事です。

あまり外に出たくない、という方は、おそらく外に出る理由がないのです。だから、まずは外に出る理由探しから始めていきましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

何でもいいからやる

「何でもいいからやる」というのは、まさにそのままです。ニート、ひきこもり脱出のために、何でもいいからやるのです。

ニートやひきこもりという状態を改善するために、これといった特効薬があるわけではありません。だからこそ、がむしゃらにいろんなことをやってみるのです。

いろんなことをやっていれば、自然と行動的な自分に変化していくはずです。何でもいいので行動することで、新しいものへの抵抗力が薄まっていくのです。

ニートやひきこもりでいるということの根底には、新しい世界に飛び込み辛いという意識があると思います。だからこそ、まずはたくさんのことをやってみて、行動力をつけるのです。

具体的には「これをやってみようかな」「これをこうしたらいいんじゃないかな」というのを思いついたら、実際にやってみます。それが自分にとって役立つか、意味があるかというのはそれほど気にしなくても大丈夫です。大事なのは、何かをするということです。

興味のあることがあれば調べてみる、行きたい場所があればとりあえず行ってみるなど、とにかく何でもいいので行動するようにしましょう。その時は何の役にも立たないことでも、ニート、ひきこもりから社会復帰するのに、あとあとで何らかの役に立つこともあるかもしれません。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

自分の責任は自分でとる

私がある時に気付いたことなのですが、本当の大人というものは「自分の責任は自分でとる」ことができる人間のことなのだと私は思っています。

自分の行動の責任をとるという覚悟があれば、道理のないことはしなくなるでしょうし、なにより周囲の人に迷惑をかけることがなくなります。

ニートやひきこもりでいるということは、少なからず周囲の人に迷惑をかけています。まずはそのことを自覚することです。周りに迷惑をかけながら、それを恥じない人間は問題です。だから、「迷惑をかけて申し訳ない」という思いは常に持っておくべきです。

そして、可能な範囲からでかまわないので、「自分の責任を自分でとる」ように気をつけましょう。

例えば、いままで親からお金をもらっていた人は、お金を受け取るのをやめます。自分が出したゴミは自分で片付け、自分が生活するのに必要なものは、自分自身で買います。食べた後の食器は、家族に任せずに自分で洗います。

いきなり、すべてをやろうと思わなくてもいいのです。ただ、せめて自分がしたことの始末は、自分できるようになってほしいと、私は思うのです。

働かないことや、外に出ないことが悪いとは思いませんが、だからといって家族にまで迷惑をかけていいことにはなりません。少しずつでもいいので、自分のことは自分でできるようになっていきましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

物を買う

「何かが欲しい」と思うことは、実はニートやひきこもり脱出のためには、大切な「欲」です。

逆に「何も欲しくない」という考え方であれば、何か行動しようと思うことはないでしょう。欲がないということは、ニートやひきこもりであることを助長しているようなものです。

人間が欲を持つということは自然なことです。人間が食べて、寝るのは生きるためです。自分の生を明日へと繋げていくためです。だから、欲を持つということは、何ら恥ずべきことではありません。むしろ、適度な欲を持つのは、歓迎すべきことです。

あなたが今欲しいと思っているものは何でしょうか?

もし、今欲しいものがあり、なおかつそれがあまり高価なものでないのなら、とりあえず買ってみましょう。高価で容易には手に入らないものであれば、すぐに買うというわけにはいかないと思いますが、それほど値段が高いわけでもなく、手に入りにくいわけでもないのなら、買ってしまいましょう。

何かを買うということは、次に繋がっていきます。「○○も欲しい」という感情を持つことができれば、その欲が次第に自分の行動範囲を広げてくれるのです。

ニート、ひきこもり脱出のために「物を買う」というと、ちょっと変に思われるかもしれませんが、「何かがほしい」と思うことは、必ずニート、ひきこもり脱出のきっかけになります。恥ずかしがらずに、自分の欲しいものを手に入れてみましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

体を動かす

長期間にわたって体を動かしていないと、自然と体力は落ちていきます。体力というのは、目に見えるものではないため、自分の体力が落ちていても、なかなかそれを実感することは難しいです。ふとした瞬間に、「あれ、いつの間にこんなに体力が落ちたんだろう」と思うことでしょう。

体力がないと、すぐに疲れてしまいます。そんな状態では、仕事に就いても大変な思いをすることになるでしょう。

だからこそ、普段から体を動かし、体力を作っておく必要があるのです。

体力づくりといっても、べつに本格的にスポーツを始めたり、走りこんだりということではありません。可能であれば、スポーツを始める方がよりよく体を動かせますし、その方が良いのでしょうが、とりあえずは必要最低限の体力を作ることを考えましょう。

基本的な必要最低限の体力を作るための方法として考えられるのは、「歩くこと」「筋トレ(筋肉トレーニング)」です。

今現在、ほとんど体を動かしていないという場合は、「歩く」だけでも、体力づくりに効果があります。家の中にいてばかりでは、ほとんど体を動かすことはありませんから、当然のことながら体力は落ちていきます。ですから、まずは散歩がてらに外に出て、少しでもいいので歩いてみるのです。無理せず、自分が歩ける時間、距離からでも構いません。一朝一夕では体力はつきませんが、定期的に歩くようにしていれば、自然と体力がついてくるはずです。

外に出たくないという方は、「筋トレ」をお勧めします。筋トレの方法についてはさまざまありますので、インターネットで調べるなどして、自分に合った方法を探してみましょう。

体を動かすことは、健康を維持するために役立ちますし、体力づくりにもなります。まったくなにも体を動かしていないという方は、少しずつでもいいので、今日から始めてみましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える

瞑想する

瞑想する、というと何か神秘的で容易にはできないような気がしてしまうかもしれませんが、別に本格的な座禅や瞑想をしろというわけではありません。

人間は、普段からとても多くのことを同時に考えています。いつも頭はパンク状態、という方もいるかもしれませんね。情報が簡単に手に入るようになったことで、生活することが便利にはなっているのですが、その代わりに余計な情報まで頭に入ってしまいます。

あまりにたくさんの情報や感情、思考を持ちすぎると、ストレスも増えます。ストレスが増えれば、集中力がなくなったり、体調が悪くなったりすることでしょう。

そんな状態に置かれてしまった時に、対応策として行うの瞑想です。

といっても、そこまで本格的に取り組まなくても大丈夫です。ただ、背筋を適度に伸ばして座り、体の力を抜きながら、深呼吸するだけです。一人の時に行うのが好ましいです。そして、可能な限り、頭では何も考えないようにします。この辺は口では説明し辛いですので、少しづつ時間をかけて体得していくといいと思います。

瞑想は集中できる時と、集中できない時がありますが、特に気にしなくても大丈夫です。集中できない時は、どうしてもあせってしまいますので、無理に瞑想しようとしない方がいいと思います。瞑想に集中できる時は、私の場合はその場から動くのが嫌になるほど、体も心もリラックスできることがあります。

私のやり方の場合は瞑想というよりは、「深呼吸」に近いかも知れません。ですが、それでも終わった後は非常にリラックスしているのを実感できます。難しくはないので、とりあえずやってみましょう。心身ともにリラックスできますよ。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。