がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。

ニート脱出を決意したとき、あなたには二つの感情が生まれるはずです。

ひとつは、ニート脱出に前向きな強い思いです。

その強い思いは、あなたを行動的にしますし、勇気づけると思います。

もう一つの感情は、ニート脱出など忘れ、「逃げたい」という思いです。

それは漠然とした気力の欠如として現れるかもしれませんし、何らかのマイナス感情によるものかもしれません。どちらであるにしろ、あなたがその感情を抱いている時は、ニート脱出に向けて進みたいと思いながらも、実行、行動に関しては意欲的になれなくなっていると思います。

人間というのは生き物ですから、多少は気分の波があります。積極的に行ける時もあれば、進むのを躊躇する時もあります。

大事なのはバランスです。どうしてもだめそうなら、休んでもいいのです。でも、できると思える時は前に進むべきです。

本来は気合もあって、前に進めそうなのに、それでも逃げているのは、単なる怠惰です。がんばり過ぎず、なおかつ逃げ過ぎないで、少しずつでも前に進むことができたら、それで十分です。

一足にニート脱出の決意や心構えができるわけではありません。少しずつ進んで、そうしてようやくゴールに到達するのです。ゆっくりでいいので、地道な努力を継続していきましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

休み休みでOK!

ニート脱出を決意したからと言って、猪突猛進に就職に向かう必要はありません。

まず、ニートから脱出しようと思うことができた決意が素晴らしいですし、そう思うことができた以上は、自然とニート脱出への道を歩むことができると思います。

あせりは禁物です。自分が行動できそうな時は、前向きに行動していくのが望ましいでしょう。しかし、精神的に不安定だったり、どうしても動きたくないと思った時は、無理はしなくてもいいのです。

ニート脱出を決意したからと言って、休んではいけないわけではないのです。

もちろん、休むことによって、またニート脱出から遠ざかるということも考えられますが、断固とした決意さえあれば、信念は揺るがないでしょう。

ニート脱出を考えた特に初めの方は、自分の適度なペースで前進、努力していくということが大事です。ゆっくりでも、のんびりでも、少しずつでも前へ進むことができたら、いつかはニート脱出という目的を達成することができます。

あまりあせらず、かといって怠けず、自分のペースで目標に向かって努力していきましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

人生のツケを払う時期は必ず来る

ニートでいるということは、残念ながらそれほどメリットがあるとはいえません。

私自身ニートだった期間があるのでわかるのですが、ニート期間は肉体的、精神的な休養にはなるものの、人間としての成長はなかったように思います。むしろ、コミュニケーション能力が欠如し、外の世界からだんだんと離れてしまっていた気がします。

あなたがニートでいる間も、同年代の若者たちはキャリアを積み、仕事もできるようになっています。もちろん、人間としても成長していることでしょう。

もし、あなたが彼らと同じ場所に肩を並べたいと欲するのならば、相当の努力をして追いつかなければいけません。

ニート期間が3か月程度であれば、まだまだどうとでもなるでしょう。しかし、ニート期間が半年、一年と長引いてくれば、彼らとの差は大きく離れ、追いつくことが困難になります。

断言してもいいです。ニートをした場合、必ずそのツケを払わなければいけない日が来ます。ニートである期間が長ければ長いほど、そのツケは大きくなるのです。

あなたがまだ自分はその時ではない、と思えるのであれば、それでもいいでしょう。しかし、人生のツケは必ず積み重なっています。自分の輝かしい未来のためにも、できるだけ早くニートを脱出しよう、という心意気は忘れないようにしてください。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

無理には段階がある

個人的に、「無理」という言葉には二段階あるものと考えています。

一つは、何をどう考えても無理な場合です。人間というものは完璧ではないので、できないこともあります。物理的にも、精神的にも、今の自分には無理だな、という「無理」があります。その場合は別にこだわらなくてもいいのです。できないことはできない。それで十分です。

もう一つの「無理」は、可能ではあるが、できればやりたくない「無理」です。こちらの無理はやろうと思えばやれるが、やらない無理なので、自分を甘やかすための「無理」ということになります。

この「できない無理」と「できる無理」の境界線は、誰が決めるのかといえば、あなた自身です。どれができず、どれができないのか、それは自分だけが知っています。

何をどう考えてもできないのならば、それはそれで仕方がないことだと思います。誰でも装備なしで空を飛ぶとか、宇宙に行くなどということはできません。精神的な意味でも、それはそうです。

人間は成長するので、いつか「できない無理」ができるようになる日は来ると思います。だから、今の「できない無理」は無理にしなくてもいいわけです。

しかし、できる無理をしないのは、もったいないです。本当はできるのに、やりたくないだけなのですから。

人間はできないことに挑戦することで成長していきます。できることが増えていけば、人間として成長するのです。もちろん、それは目に見えるものではないので、実感することはあまりないかも知れませんが、確実に成長しています。

本当にできない無理なのか、実はできるけどやりたくない無理なのか、自分ではわかっているはずです。もしできるけどやりたくない無理ならば、たっぷりと時間をかけてもいいので、少しずつ挑戦していきましょう。

少しずつ挑戦していけば、必ずあなたは成長することができます。そうして積み重ねた努力は、いつか必ず花開きます。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

目標を作る

目標がなければ、人は動きません。

目標とは、目指すべき指針であり、向かうべき方向性を作り出します。

何がほしいのか、何を目指しているのかが分からなければ、そのために必要な努力もあいまいになってしまいます。

まず自分が何をしたいのかを見つけ、そしてそれに向かって努力していけば、無駄な努力が少なくて済みます。

あなたの目標は何でしょうか?

あなたは何が欲しいですか?

ニートから脱出することだけがすべてではありません。ですので、必ずしも仕事に就くことだけを目標にしなくてもいいのです。自分がこうだったらいいなあ、ということがあれば、それを目標にし、そのためにどう努力していけばいいのかを考えます。

不思議なもので、目標がなければ人は動けません。自分があれをしたい、これをしたいという思いがあるからこそ、そのためにどうすべきか、が見えてきます。

まずは自分が目指すべき目標を作ってみましょう。そこから努力の方向性が見えてくるはずです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

今できることをやる

ニート脱出というと、難しく構えてしまうかもしれませんが、ニート脱出に近づく簡単なステップとして、「今できることをやる」というのを試してみましょう。

「今できることをやる」というのは、まさに文字通り、今できることを考え、行動するということです。難しくはありません。

今、自分の人生をプラスの方向に導くためには、今何をすればいいのか、どんなことができるのかを考えれば、何かしらあるはずです。

面接に応募する、といった、いきなり難しいことをしなくても大丈夫です。

まずは、ハローワークに行ってみる、もしくはインターネットや求人情報誌で求人を見てみる、履歴書を書いてみるなどはどうでしょうか? 無理そうですか?

それならば、履歴書を買う、履歴書の書き方を調べる、履歴書に名前だけ書いてみる、ならばどうでしょうか? 実行には時間がかかりませんし、難しくはないと思います。

まだ、仕事に関わったことをしたくないというのなら、本を読むとか、外出するとかでもいいのです。とにかく前に進むために、何をするか、何ができるかを考え、実行していきましょう。

千里の道も一歩からです。一pでも前に進むことができたら、それで十分です。

難しいことではなく、今できることをとりあえずやってみましょう。少しずつでも進んでいれば、いつかは目標にたどり着くことができるのです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

環境を責めない

人間というものは、なぜか責任を自分ではなく他人に押し付けようとします。それは自分が悪いのではなく、「お前が悪いのだ」という思考の方が楽だからです。

自分に責任を求めた場合、自分が完璧でないことを知ってしまいます。自分という存在が完璧ではなく、不完全であり、間違いを犯すことがあると知ってしまうことで、人は自信を失ったり、自尊心(プライド)が傷つきます。

だからこそ、人に対して責任を押し付けてしまうのです。その方が楽だからという単純な理由で。

人生というのは不公平にできています。まずそれを認めることです。

環境を責めても、事態は変わりません。例え、自分の周りの人たちが自分を認めてくれなかったり、自分の自立を支えてくれなかったりしても、それを恨んだり、責めたりすることはしないでください。そんなことをしても意味がありません。

自分が今の状況にあるのは、自分の責任であると認めましょう。周囲の人の意見に左右され、自分の人生を失ったのだとしても、それはその人を信じた自分の責任です。

自分がニートになったのはあの人のせいだ、と考えるのではなく、自分がニートになったのは結局は自分の責任だ、と考えることが大事です。そして、自分の責任を自分で取ることで、人は成長していくものだと、私は思うのです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

過去を責めない

過去は変えられません。どんな人でも変えられません。

例えば、朝になれば太陽が昇り、夜になれば太陽は沈みますが、これを変えようとしてもできません。朝は太陽が昇り、夜は太陽が沈むものです。

これと同じように、過去は変えられません。変えられないものについて考えても意味がないのです。

過去にどんなことがあったとしても、それを責めたりする必要はありません。どちらにしろ過去は変えられないのですから、自分に苦痛を与えても何の意味もありません。過去はすでに終わったことであり、自分が変えられるものではないのです。

現在ニートである、ということは、当然のことながらそこに至る過程があったということです。そして何らかの障害や困難、怠惰が積み重なり、それが現在の状況を作り出しています。現在の状況に不満があるとしたら、過去に問題を起こすような行動があったということです。

しかし、仮に過去の行動に問題があったとしても、過去は変えられないのです。それに対して苦痛を感じても、何も変わりません。変えられないことについては、悩んでも意味がありません。エネルギーの無駄です。

変えられない過去について考えるより、これからどうするか、ということ、未来について考えるべきです。これから過去を責めそうになったら、それは意味がない思考だと認識しましょう。そして未来について考えるのです。

大事なのは、この状況からどのように行動したら、自分はもっと良い方向に生きていけるか、ということを考えることなのです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

働けば解決というわけではない

ニートやひきこもりを脱出するにあたって知っておいてもらいたいことは、「仕事につき、働くことが可能になれば解決というわけではない」ということです。

もちろん、働くことはニート脱出の条件ですし、非常に良いことでもありますが、働けば事態が解決するという考え方は、あまり好ましくないと私は思っています。

働ける状態にあるけど働かない、怠けものタイプの親のすねかじり型ニートの場合は、普段から遊び歩くなどしているため、すでに社交性も十分にあり、仕事をする能力も多少なりともあると思われます。ですので、親のすねかじり型ニートの場合は、単純に働けば解決、ニート脱出、で済みます。

しかし、ひきこもり型ニートの場合は、社交性もなく、あまり多くの物事を経験していないため、仕事をする能力もあまり期待できません。仮に就職することができても、その能力の低さゆえに挫折し、退職ということも十分に考えられます。

正直に言いますと、私自身もニート脱出のためにとがんばって就職したのですが、あせりすぎたのが裏目に出て、すぐに退職。その後はひきこもり型ニートに逆戻りしてしまいました。

私の体験談からいうことができますが、ひきこもり型ニートのニート脱出に必要なのは、まず人間としての能力です。社交性だけでなく、様々な状況に対応できる力がなければ、就職してもニートに逆戻りする可能性は高いです。

つまり、ひきこもり型ニートのニート脱出は、働けば解決というわけではないことを知りましょう。

いきなり就職しても、辞めてしまえば意味がありません。むしろひきこもりを悪化させる可能性もあります。

まず大事なのは、仕事をするだけの能力、社交性も身につけること、就職を考えるのはそれからでも十分です。あせらずに成長していきましょう。

関連記事
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。