いきなり大きな変化を期待しない

皆さん、神社、公園などで大木を見たことはありますか? 実は、大木というものは、いきなりあんなに大きくなったわけではありません。

毎日少しずつ根を張り、枝を伸ばし、幹を太くすることで、大きな大きな存在になることができたのです。大きなものになると、樹齢数百年という、大変長生きな木もあるのです。

それだけ長い期間、人知れず努力してきたわけですから、それを見た人間たちが驚いてしまうのもうなずけるでしょう。

人間だって同じようなものです。いきなり器の大きな、物怖じしない勇気ある人間ができるけではありません。日々の努力。これに尽きるのです。

ですので、ニートやひきこもりからの脱出も、同じく日々の努力を大切にしながら、少しずつの成長を大切にしていきましょう。

「毎日努力しても何も変わらない」と思うこともあるでしょうが、そんな時は、大木のことを思い出し、大きな成長、変化には時間がかかるものだと思い出してください。

ニート脱出、ひきこもり脱出をあせらず、ゆっくりでいいので自分は成長しているのだということを忘れないようにすれば、次第に目標は近づいてくるでしょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

重要なのは、まず始めること

何かをする上で大事なのは、最後までやり通すことよりも、とにかく始めてしまうことだと、私は思っています。

最後までやり通すことよりも、なぜ始めることが大事なのかというと、実際に何かを始めてみると、最後までやり通すことが困難に思えることがあるからです。

何かを始める前というのは、完全の見通しができているわけではありません。ですので、実際に始めてみるまでは、最後までやり通せるかどうかというのは、実はわからないことだとも言えます。

だからこそ、まず始めてみることが大事なのです。

とにかく始めてさえみれば、いろいろなことがわかるでしょう。始めてみてからようやく最後までやり遂げられるかどうかの見通しが立つのです。つまり、まず始めてみて、そこから分かることがあるということです。

何かを始める前には、最後までやり遂げようという意志よりも、とにかく始めてみることを意識しましょう。その方がきっとうまくいきます。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

人と同じように生きる必要はない

多くの人は仕事に就き、収入を得て生活しています。世間的には、それが当たり前のような風潮もあります。

だからこそ、ニートという不就労者や対人関係のないひきこもりといった存在が問題視されてしまうわけです。

しかし、私は思うのです。必ずしも人と同じように生きる必要はないのだと。

確かに、親兄弟にいつまでも迷惑をかけて生きていくわけでにはいきません。しかし、結果的に自分の力で生活できるようにさえなれば、ほかの誰かと同じように生きる必要はないわけです。

アメーバなどの単細胞生物というのは、ただ分裂することによって繁殖していきます。だから、すべての個体の弱点も同じなのです。ですが、人間というものは有性生殖であり、多種多様な特徴をもった個体が生まれます。見た目や性格、長所、短所も人それぞれです。だからこそ、人間という種が簡単には絶滅しないのです。

人間というのは単細胞生物ではないのですから、皆が同じ価値観を持つ必要はありません。様々な生き方、考え方があっていいのです。

もちろん、自分の力で生きていかなければいけない日が、いつか必ず来ます。ですので、いつまでも無職というわけにはいかないでしょう。しかし、その時に生活していけるだけの収入があれば問題ないのであって、ほかの人のように新卒で就職して、ずっと仕事に就いたままである必要はないのです。

人のライフスタイルは人それぞれです。ニートやひきこもりでいることを助長しているわけではありませんが、結果的に自立することさえできれば、多少ほかの人より自立するのが遅かったりすることは、大したことではないと思うのです。

ほかの人たちと同じように生きるだけことが人生ではありませんよ。自分には、自分に生き方というものがあっていいのです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

自分を否定しない

あなたがニートでひきこもりだとしたら、おそらくそのことは自分にとっての汚点であるように感じることと思います。

しかし、自分を否定したとしても、得るものはありません。

私が普段から心がけていることに「自分に精神的な苦痛を与えても全く意味がない」というのがあります。

例えば、「自分は周囲の人に比べて仕事もしていないし、友達もいないし、人間的な価値が低い、生きている意味がない」などと考えるのは有用な思考だと思いますか? 答えはNOです。

人間的な価値というものは、人間の頭や規範が作り出した基準でしかないので、そんなもので人間としての存在価値を計ろうとしても無意味です。仮に人間的な価値が低い人間がいるとしても、自分を否定することで得られるものはありません。ですので、自分に罪悪感を持たせたり、劣等感を感じさせたりして、精神的な苦痛を与えることは、すぐにやめてください。

自分を否定し、自分に苦痛を与えることより大事なことは何でしょうか? それは、どうすれば自分はよりよく生きられるか、その方法について考えることです。

繰り返しますが、「自分に精神的な苦痛を与えても全く意味がない」のです。大事なのは、未来に向かって、どう生きていくかということだけです。

今日からは、自分を否定するのをやめて、「どうすればもっよ良く生きていけるか」について考えるようにしましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

未来のことを考えすぎない

何かをしようと考えたとき、例えばニート、ひきこもり脱出のために面接に行こうかと考えたとします。

ですが、おそらくほとんどの方は、「面接に行こう」という決意がすぐに「やっぱりやめておこう」となると思います。もちろん、もし決意を持続できるのならば、その決意で面接まで行ってしまうべきです。

なぜ決意が揺らぐかというと、「面接に行く」という目標の中には、たくさんの小さなハードルがあるからです。

例えば、現実的に就職やアルバイトのための面接に行こうと考えた場合、まず求人を探さなければいけません。インターネットでも探せますが、場合によってはハローワーク(公共職業安定所)に行く必要があるでしょう。求人に応募するためには、履歴書や職務経歴書が必要になりますから、それも書かなければいけません。そして求人に応募し、相手からの面接日の指定などがあり、ようやく面接することができます。

人間というのは不思議なもので、「面接に行く」という目標を作ってしまうと、以上のような行動すべてをひとつのハードルのように感じてしまいます。だから飛べない、行動できないのです。

そんな時は、あとのハードルについてはすべて未来の自分に任せてしまい、今できることだけをやってしまうのです。求人を探すだけでも、履歴書を書くだけでもいいのです。もし応募したいと思える求人があったら、その時に応募してしまいます。

面接に行けるか、行けないか、仕事がちゃんとできるか、できないか、というのは、実は関係ありません。正確にいえば、応募する前の段階の自分には関係がないということです。面接にどのように対応するか、仕事がうまくできるかというのは、今の自分ではなく、未来の自分です。未来の自分が考えることを、今の自分が考えても仕方がありません。今の自分がすべきことは、応募したいと思える求人に応募することです。それ以後のことは未来の自分に任せてしまえばいいのです。

だから、未来のことなどあれこれ考えずに、今の自分がすべきことだけをすればいいのです。求人を探す時は、求人を探す。履歴書を書くときは、履歴書を書く。面接したり、仕事に就いた後のことは、未来の自分が対応すべき問題です。今の自分には関係がないことです。そう考えると楽になりませんか?

さあ、あなたが今すべきことは何ですか? 未来のことなど考えず、今自分がすべきことに手をつけてみましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

明日は何か起こるかもしれない

今日はなんでもない日、そして昨日もなんでもない日だったとしても、明日がなんでもない日であるとは限りません。

未来というのは誰にもわかりません。だから私の場合はそれを楽しみにしています。

例えば、明日は買ってもいない宝くじが当たるかもしれません。大好きな女優さんやアイドルに会えるかもしれません。道を歩いていて、偶然にも誰かの命を救うことになるかもしれません。美人の女性に突然食事に誘われるかもしれません。

もちろん、それらは現実的な確率でいえば、低いでしょう。ましてや買ってもいない宝くじに当たることなど、ゼロに近い確率とも言えます。

しかし、「ゼロに近い確率」であって「ゼロ」ではないのです。もしかしたら、誰かからもらった宝くじが当たるのかもしれません。現実味はありませんが、それでもそういう非現実的なことが起きる確率はゼロではないのです。

それは明日というまだ何も分からない未来があるからです。過去は決定事項なので、宝くじに当たったことがあるかないかはすでに決定されていますが、未来のことはわかりません。当たっているかもしれませんし、当たっていないかもしれません。だからこそ楽しいのです。

未来はまだ何も決まっていません。そして、それは自分が作っていくものです。明日は何か起こるかもしれない、という期待だけは捨てないようにしてください。

「明日はどんなおもしろいことが起きるんだろう」と思うと、なんだかワクワクしてきませんか?

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す

おそらく皆さんもお気づきではあると思いますが、ニートやひきこもりでいるということは、実はあまりメリットのあることではありません。

あなたがニートやひきこもりをしている間に、同年代の若者は収入が増え、キャリアを積み、場合によっては結婚したり子供がいる方もいるでしょう。

そういう比較の仕方をしてしまうと、当然のことながら「自分は何て無駄なことをしてるんだ」と、自己卑下したくなると思います。

ですが、ニートであること、ひきこもりであることになんらかの意味を見出すことができれば、自己卑下も和らぐのではないでしょうか。

ニートやひきこもりに対して、どんな利点を見出すかは人によって違うことだと思います。

例えば、私の場合は、『ひきこもりで友達がいない⇒自分のためだけにお金、時間を使える。対人関係で悩むことが少ない』『ニートで仕事をしていなかった⇒働いていなかった時間の分だけ、たくさんの本を読むことができ、勉強できた』『ひきこもり、ニートだった⇒こうしたサイトを作り、現在ニート、ひきこもり状態にある若者を支援するきっかけになった』というような感じです。

もちろん、これは自分がニートやひきこもりであることを正当化し、その状態でもいいという言い訳をするためのものではありません。ニートやひきこもりは可能であるならば脱出すべきです。

しかし、もしニートやひきこもりであることが人生の汚点であるかのように感じてきたら、その時は考え方を変え、ニート、ひきこもりであったことになんらかの意味を見出すことをしてみましょう。

大丈夫です。いつの日か、「あの時はニートでひきこもりだったけど、あれにも何か意味があったんだな」と思えるようになる日が来ます。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

今の自分の状況は、過去が作り出している

あなたが今何をしているかによって、未来は作り上げられています。

そして、あなたが過去に何をしてきたかによって、今という状況ができているのです。

今の自分の状況は、過去の自分の行動、努力、考え方が作り出しています。今の状況に不満があるということは、過去の努力不足であるということです。

そしてまた今の努力が不足すれば、未来は自分にとって納得のいかないものになるでしょう。つまり、因果応報ということです。未来の結果を作り出すのは、今の自分だということを忘れてはいけません。

怠けたい、という気持ちに勝つことが大事です。今日は、今は、と条件付けながら、結局は物事の実行を先延ばしにしていませんか? それは残念ながら人生の浪費でしかありません。そしてそうして生み出された結果は、自分にとって不満な状況という形になって表れるわけです。

もちろん、常に怠けないというのは、単なる理想論です。人間は機械やロボットではないのですから、常に最善を尽くすのは、難しいかも知れません。

しかし、「今怠けたら、自分の未来はどうなるだろう」と自問自答することで、怠惰な自分を少しでも行動することに向けることができたら、それはそれで十分だと思います。

大事なのは、「未来を作るのは、今の自分の行動」だと知ること。

そして、自分が怠け過ぎないように、自分を管理することです。

不満のない未来を作り出すために、今努力しましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

後悔ではなく反省する

後悔、というのは、つまりは過去の出来事に対して思い悩み、自分に苦痛を与えるというだけです。

過去は変えられないので、そんなことをする意味はありません。もしあなたが過去のことに対して思い悩んでいるのなら、すぐにやめてください。そんなことをして自分に苦痛を与えても、あなたが得るものはありません。エネルギーの無駄遣いです。

するべきなのは反省です。

反省というのは、過去の出来事、過ちに対してどうすればよかったのか、どう対応すべきだったのかを考えるということです。

つまりそれは、過去の出来事を教科書にして、未来へ向かってどうすればいいのかということを考えるということです。ただ後悔するのとは違います。

過去の過ち、出来事に対しては、後悔するのではなく、反省するようにしましょう。過去をお手本にして未来を考えることは、プラスになる考え方です。

そして、十分に反省ができたと思ったら、あとはそのことについて考える必要はありません。過去の出来事から学ぶべきことを学んだら、そのことについて考えても仕方がなくなります。楽しいことであればいくら思い出しても構いませんが、辛いことを思い出すことで、自分に罪悪感を与えたり、悔しい思いをするのはやめましょう。そんなことをしても意味がありません。

大事なのは過去ではなく、未来です。過去から学ぶべきことを学んだら、今度は未来を見て進んでいきましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

失敗=成長である

私はニートだったころ、失敗することを異常に恐れていました。今だから言えるのですが、自分は非常にプライドが高く、他人に自分のミスを知られたり、馬鹿にされたりということが嫌で仕方ありませんでした。

私にとっては、ミスをする、失敗するということは=人間的な価値の否定だったわけです。

しかし、いろいろな本、書籍を読む内に知ったのが、失敗=成長という考え方です。

これは多くの書籍に書かれている知恵なのですが、失敗をマイナスとしてとらえるのではなく、失敗は成長するための糧だと考えてみるのです。

よく、失敗は成功の母などといいますよね。失敗をするということは、成功するために必要な経験を一つ増やした、ということなのです。ですので、失敗することは、ある意味で成功の一部なのだとも言えます。

例えば、初めから自転車にうまく乗れる人はいません。何度も練習して少しずつうまくなることで、自転車に乗れるようになっていくのです。人生もこれと同じで、失敗など大したことではないのです。むしろ問題なのは、失敗を恐れて、自転車に乗ることを恐れること、挑戦を恐れることが本当の意味での失敗なのです。

私自身も失敗=成長と考えるようになってからは、様々なことに積極的にチャレンジできるようになりました。もちろん、まだまだうまくいかないことだらけですが、挑戦することするできなかった昔に比べれば、人間として大きく成長したと自負しています。

失敗するということは、成功に必要な経験値を増やすということです。失敗してもいいので、とにかく何かに挑戦してみませんか? そこから、新しい道が見えてくるかもしれませんよ。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。