今、不登校だという方は・・・

スポンサードリンク



今、不登校だという方には、まだまだ希望があります。だからこそ、これからどうするかというのは大事です。

実をいうと、私も過去に不登校だったことがあります。

だからこそいえるのですが、不登校であることのメリットとデメリットを比べた場合、デメリットの方が大きいです。

不登校でいることのデメリットはさまざまあります。

まず、一番大きいのは進学です。不登校の場合、当然のことながら学力も低下しますし、進学にも影響してきます。つまりそれは、将来的な進路が狭まることを意味しています。場合によっては、高校に入らないままひきこもり生活、その後も学歴がないため就職が困難、ということにもなってしまうかもしれません。今の時代、高校も卒業していないのでは、まともな職に就くことさえ難しいです。

青春時代を無駄にするというのもあります。学生時代にしかできないことは、意外に多いものです。友達と話をしたり、授業を受けたりということが当たり前のように思える学生時代も、いつか終わります。そして学生ではなくなってから、「もっと楽しい学生生活を送ればよかった」と思うのです。すでに大人になってしまった私からアドバイスしておきたいのですが、学生時代にはいろいろな体験をしておきましょう。いつかそれがダイヤモンドのように輝く日が来ます。

もう一つは社会への適応性です。学校とは勉強を学ぶ場というだけでなく、人との関わりも学べる場所です。学生時代に十分に人と接していれば、それは必ず社会に出てもプラスになります。逆に、学生時代に人と接しない生活をしていると、社会に出てからが困るものです。

もちろん、仮に「不登校」から「ニート、ひきこもり」という状態になっていったとしても、社会に復帰することは可能です。しかし、可能であるならば、不登校の時点で食い止まってほしいのです。

不登校であるということは、まだニート、ひきこもり予備軍でしかありません。学校という社会への繋がりがある分、まだまだ希望はあるのです。

だからこそ、まだ「不登校」で済んでいる時点で踏みとどまってほしいのです。過去に不登校を経験した私だからいえることです。その時は辛いかも知れませんが、未来を見て頑張ってほしい。心からそう思います。

関連記事
 自分の人生を良くするにはどうすればいいか?


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。