アルバイトを始める

スポンサードリンク



ニート、ひきこもりから脱出する際に、いきなりフルタイム(8時間)で働くのは、おそらくきついでしょう。ニートやひきこもりでいる期間が長いと、どうしても体力が落ちてしまいますし、長時間にわたって人と接することになれば、精神的にも辛いものがあると思います。

ですので、まずはフルタイムの仕事ではなく、アルバイトの仕事から始めてみましょう。

アルバイトであれば、働きたい時間や、何時間働くのか、どんな仕事内容かなどが、ある程度自由に選択することができますし、言い方は悪いかも知れませんが、フルタイムに比べて責任も少ないため、仕事自体も辞めやすいです。

働くのが嫌だという方も、例えば1時間のアルバイトであればできそうに思えませんか? まずは1時間でも2時間でもいいですから、アルバイトを始めてみましょう。一日だけの短期バイトでもいいです。とにかく自分ができそうなアルバイトを探してみます。

実際に仕事を始めてみれば、いろいろと経験することもあるでしょう。人との接し方や、お客様への対応、礼儀作法など。そうして仕事をすることで、さまざまな経験をしておけば、それが人間的な成長につながっていきます。仕事をすることで自信もつくでしょうし、「もっと長時間働きたい」「こんな仕事をしてみたい」という思いも生まれるかもしれません。そのためにはまず、とにかく何でもいいので仕事をしてみることです。

元ニートでひきこもりの私からのアドバイスとしては、まずは短時間で、人とあまり接しないアルバイトがお勧めです。

焦らず、まずはゆっくりと仕事に慣れていくつもりで構いませんので、ニート、ひきこもりの第一段階としてアルバイトを始めることを考えてみましょう。探せば、自分でもできそうなアルバイトというのは、意外とあるものですよ。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 今、自分には何ができるかを考える


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。