何でもいいからやる

スポンサードリンク



「何でもいいからやる」というのは、まさにそのままです。ニート、ひきこもり脱出のために、何でもいいからやるのです。

ニートやひきこもりという状態を改善するために、これといった特効薬があるわけではありません。だからこそ、がむしゃらにいろんなことをやってみるのです。

いろんなことをやっていれば、自然と行動的な自分に変化していくはずです。何でもいいので行動することで、新しいものへの抵抗力が薄まっていくのです。

ニートやひきこもりでいるということの根底には、新しい世界に飛び込み辛いという意識があると思います。だからこそ、まずはたくさんのことをやってみて、行動力をつけるのです。

具体的には「これをやってみようかな」「これをこうしたらいいんじゃないかな」というのを思いついたら、実際にやってみます。それが自分にとって役立つか、意味があるかというのはそれほど気にしなくても大丈夫です。大事なのは、何かをするということです。

興味のあることがあれば調べてみる、行きたい場所があればとりあえず行ってみるなど、とにかく何でもいいので行動するようにしましょう。その時は何の役にも立たないことでも、ニート、ひきこもりから社会復帰するのに、あとあとで何らかの役に立つこともあるかもしれません。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 本を読む
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。