本を読む

スポンサードリンク



あなたは毎日、本を読んでいますか?

本を読むということは、人生を生きていく上で非常に大事なことです。

本には様々な知識、知恵が蓄えられています。それを読むことで、知識、知恵を吸収し、人間として成長していくのです。

私にとっては、本を読むということは生きるうえで欠かせません。本を読まない人生など、私には考えられないほどです。本を読むことで様々な知識を得ることができましたし、多面的に物事を考えられるようになりました。ニートだった当時は、本の言葉に勇気づけられながら面接に行ったこともあります。

本をあまり読んだことがない方は、本を読むことに抵抗があるのかもしれません。そんな方は、始めから最後まで読むことを重視しないで、雑誌を読むように、興味のある部分だけを読めばいいのです。読むのが嫌という方は、めくるぐらいでもかまいません。それでも気になるところは自然と読んでいるはずです。

お勧めの本は自己啓発系の本です。自己啓発とは、自分を高めるために読む本、といえばわかりやすいかも知れません。メジャーなところでは「論語」「般若心経」「孫子の兵法」「マーフィーの法則」などがあります。ほかにも成功哲学や人間関係を円滑に行うための本、苦しみを回避するためにはどう考えればいいのか、ということを題材にした本など、さまざまあります。実際に自分で読んでみて、自分の興味のある分野を見つけていくと、視野が広がってなおいいですね。

文庫本であれば一冊500〜600円ほどですし、その内容の価値に比べればとても安いと思います。もちろん、中には自分の嗜好に合わない本もありますが、できるだけ多くの本を読むことは、必ず人生においてプラスになると思います。

今まで本を読んだことがなかったという方も、まずは一冊買ってみるところから始めてみましょう。

関連記事
 何でもいいから、とにかく笑おう
 趣味を作る
 瞑想する
 体を動かす
 物を買う
 自分の責任は自分でとる
 何でもいいからやる
 外に出る理由を作る
 求人を探す
 アルバイトを始める
 今、自分には何ができるかを考える


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。