完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。

スポンサードリンク



テストで100点取れるのと、95点取れるのでは、どちらが努力したと思いますか?

普通に考えれば、テストで100点を取った方が、多くの努力しているように思うでしょう。

しかし、だからといって95点取ることに意味がないわけではありません。50点と95点を比べれば、95点の方が頑張っていることになるのです。50点と0点では、50点の方が頑張っているのです。

完璧を目指すというのは、いいことではあるのですが、時に人は100点を取りたいばっかりに、95点では満足できなかったり、「100点を取れないのならテストに参加しない」と考えてしまい0点になってしまうこともあります。

0点と50点では、50点の方がいいのです。例え100点でなくても、50点でも取れればいいではないですか?

完璧でありたいという気持ちは悪くはないのですが、完璧にこだわりすぎてなにもできなくなるのは問題です。

何事も100%完璧にこなす必要はありません。100点を取ることよりも、例え10点でもいいからテストを受けるということが大事なのです。

仕事だって同じです。面接に行くのも、仕事に行くのも、「一つでも何か学ぶことがあればそれで十分」「1円でも稼げれば、何もしないよりはいい」「面接に行く勇気が出ただけもいいじゃないか」と考えてみるのです。必ずしも100点でなくてもいいのです。大事なのは挑戦することです。

完璧でなくてもいいのです。だから挑戦しましょう。挑戦することで経験を増やし、それが人間的な成長を促すのです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。