チャンスが来たら、それは「やれ」ということ

スポンサードリンク



何かのチャンスが訪れた、と思ったら、それは「やれ」という神様の指令です。運が良い時、モチベーションが上向いている時、何か新しい物に触れた時など、「自分にとってこれはチャンスなのかな」と思ったら、がんばってそれに取り組んでみましょう。

人生において、チャンスが訪れることはそうそうないと思いますか? 実は、そんなことはありません。チャンスというものは、日常の様々なところに隠されています。

チャンスはどこにでもある普遍的なものなのですが、人間の怠惰がそれを気付かせていないだけなのだと私は思っています。いえ、チャンスに気付いていないのではなく、チャンスに気付いていないふりをしているのです。チャンスに気付いていないふりをすれば、行動しなくても済むからです。

しかし、行動しないということは、自分を高めるチャンスを失うということでもあります。だから、自分にチャンスが回ってきた、と思った時はできるだけ実行に移すべきなのです。

そもそも「自分にチャンスが来たのかな」と思った時点で、それはチャンスだということなのです。「いや、これはチャンスじゃない」というのは、失敗を恐れているだけです。

チャンスが来たということは、神様が「やれ」といっているのです。もし結果がうまくいかなかったとしても、それは自分にとってプラスになることなのです。

今、あなたが「自分にはチャンスが訪れているのかもしれない」と思っているのなら、可能な限り実行、行動してみましょう。それがあなたの人生を変える転機になるかもしれません。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。