希望とは最高の味方である

スポンサードリンク



私は「希望」という言葉が好きです。大好きです。

テレビや書籍などで「希望」や「hope(英語で希望のこと)」と目に(耳に)するたびに、自分の中に湧き上がるパワーを感じてしまいます。希望があるということは、とても素晴らしいことだと思います。

未来のことは誰にもわかりません。だからこそ人は不安を抱き、「うまくいかないかもしれない」「俺の人生はもうダメかもしれない」と思ってしまうのです。

ですが、不安の中には光があるはずです。それが「希望」です。

様々な災厄が飛び出してきたパンドラの箱の最後には、「希望」が残されていた、とされています。我々にとっての希望とは、生きるのが辛くなるほどの苦境の中に、「まだ自分の生きる道があるかもしれない」と思えることではないでしょうか?

未来のことは何にもわからないからこそ、希望が持てるのです。だから、絶望的な未来ではなく、希望にあふれた未来を描いてみましょう。実際に未来がどうなるかはどうでもいいのです。大事なのは、未知の未来に向かって、希望を抱くということです。

どんな時も希望を捨ててはいけません。むしろ、辛い時こそ希望を持つべきです。

どんな人間も明日のことはわかりません。せめて希望の光を抱いて、今日を生きていきたいものです。

さあ、想像してみてください。あなたの未来にはどんな希望があると思いますか?

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。