あなたはスロースターター

スポンサードリンク



スロースターターというのは、スポーツの世界などで使われる用語で、「調子が出るまでが遅い人」のことです。

ニート、ひきこもりの若者というのは、ある意味でスロースターターなのです。スタート時は調子が悪くても、後半で調子を取り戻せば問題ないのです。

大器晩成という四字熟語はご存知でしょうか?

大器は晩成す、などともいいますが、つまり成長するのが遅い人間は、大物である、ということです。

若いうちにニートやひきこもり、フリーターといった経験があると、どうしても就職に不利ですし、周囲の人からのあまりいい印象を持ってもらえないことと思います。

そんなことが続けば、当然、ニートやひきこもりでいること(いたこと)はマイナスポイントにしかならない、と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、それはあなたがスロースターターだというだけです。

最終的に成功をおさめることができれば、始めがどうだったか、などは関係ありません。ニートやひきこもりだったことがあり、ほかの人に劣っているように感じるのなら、それを補えるだけの努力をすればいいだけです。

大丈夫。大器は晩成するのです。ニートやひきこもりであることを引け目に感じるのなら、そのコンプレックスをうまく活かして、自分を高めていけばいいのです。

あなたはスロースターターです。出だしがどうでも、結果が良ければそれでいいとは思いませんか?

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。