欲望を持つ

スポンサードリンク



実は、欲望を持つことは、ニート、ひきこもり脱出において非常に重要なことだと思います。

おそらくですが、ニート、ひきこもりの方の多くは、外の世界に対してや、物に対してあまり興味がないのではないでしょうか?

欲望を持つということは、実は大事なことです。

欲望というのは、人間が生きるのに快適な状況を作り出すための欲求だからです。例えば、食べたいという欲求は、食べることによって、自分の生を繋げるためです。もし、食べたいという欲がないと、人間は物を食べることに積極的になれず、体を壊してしまうかもしれません。睡眠欲も同じです。

つまり、欲を満たす=人間として生きやすくなる、ということだと思うのです。

何かが欲しい、何かがしたいというのは、行動を生みます。自分が使えるお金を増やすためには仕事をしなければいけませんし、外で遊びたいのなら、外に出なければいけません。

逆をいうと、欲がないということは、何もしたくないという怠惰な感情、習慣を生むことになるのです。何も欲しくないのですから、何も行動しなくてもいいと考えてしまうわけです。

だから、ニートやひきこもりを脱出するためには、欲望を持つということが重要になってきます。

ネット上を探って、自分のしたいことを見つけるのもいいですが、様々な情報が掲載されている雑誌などを読むと、世界が広がり、自分がほしいものを見つけやすくなると思います。

どんな欲望であっても、それは行動の原動力になります。欲望を持つことを恥ずかしがらずに、自分がどんなものが欲しいのか、どんなことをしてみたいのか考えてみましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。