自分を否定しない

スポンサードリンク



あなたがニートでひきこもりだとしたら、おそらくそのことは自分にとっての汚点であるように感じることと思います。

しかし、自分を否定したとしても、得るものはありません。

私が普段から心がけていることに「自分に精神的な苦痛を与えても全く意味がない」というのがあります。

例えば、「自分は周囲の人に比べて仕事もしていないし、友達もいないし、人間的な価値が低い、生きている意味がない」などと考えるのは有用な思考だと思いますか? 答えはNOです。

人間的な価値というものは、人間の頭や規範が作り出した基準でしかないので、そんなもので人間としての存在価値を計ろうとしても無意味です。仮に人間的な価値が低い人間がいるとしても、自分を否定することで得られるものはありません。ですので、自分に罪悪感を持たせたり、劣等感を感じさせたりして、精神的な苦痛を与えることは、すぐにやめてください。

自分を否定し、自分に苦痛を与えることより大事なことは何でしょうか? それは、どうすれば自分はよりよく生きられるか、その方法について考えることです。

繰り返しますが、「自分に精神的な苦痛を与えても全く意味がない」のです。大事なのは、未来に向かって、どう生きていくかということだけです。

今日からは、自分を否定するのをやめて、「どうすればもっよ良く生きていけるか」について考えるようにしましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。