後悔ではなく反省する

スポンサードリンク



後悔、というのは、つまりは過去の出来事に対して思い悩み、自分に苦痛を与えるというだけです。

過去は変えられないので、そんなことをする意味はありません。もしあなたが過去のことに対して思い悩んでいるのなら、すぐにやめてください。そんなことをして自分に苦痛を与えても、あなたが得るものはありません。エネルギーの無駄遣いです。

するべきなのは反省です。

反省というのは、過去の出来事、過ちに対してどうすればよかったのか、どう対応すべきだったのかを考えるということです。

つまりそれは、過去の出来事を教科書にして、未来へ向かってどうすればいいのかということを考えるということです。ただ後悔するのとは違います。

過去の過ち、出来事に対しては、後悔するのではなく、反省するようにしましょう。過去をお手本にして未来を考えることは、プラスになる考え方です。

そして、十分に反省ができたと思ったら、あとはそのことについて考える必要はありません。過去の出来事から学ぶべきことを学んだら、そのことについて考えても仕方がなくなります。楽しいことであればいくら思い出しても構いませんが、辛いことを思い出すことで、自分に罪悪感を与えたり、悔しい思いをするのはやめましょう。そんなことをしても意味がありません。

大事なのは過去ではなく、未来です。過去から学ぶべきことを学んだら、今度は未来を見て進んでいきましょう。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。