人生のツケを払う時期は必ず来る

スポンサードリンク



ニートでいるということは、残念ながらそれほどメリットがあるとはいえません。

私自身ニートだった期間があるのでわかるのですが、ニート期間は肉体的、精神的な休養にはなるものの、人間としての成長はなかったように思います。むしろ、コミュニケーション能力が欠如し、外の世界からだんだんと離れてしまっていた気がします。

あなたがニートでいる間も、同年代の若者たちはキャリアを積み、仕事もできるようになっています。もちろん、人間としても成長していることでしょう。

もし、あなたが彼らと同じ場所に肩を並べたいと欲するのならば、相当の努力をして追いつかなければいけません。

ニート期間が3か月程度であれば、まだまだどうとでもなるでしょう。しかし、ニート期間が半年、一年と長引いてくれば、彼らとの差は大きく離れ、追いつくことが困難になります。

断言してもいいです。ニートをした場合、必ずそのツケを払わなければいけない日が来ます。ニートである期間が長ければ長いほど、そのツケは大きくなるのです。

あなたがまだ自分はその時ではない、と思えるのであれば、それでもいいでしょう。しかし、人生のツケは必ず積み重なっています。自分の輝かしい未来のためにも、できるだけ早くニートを脱出しよう、という心意気は忘れないようにしてください。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。