過去を責めない

スポンサードリンク



過去は変えられません。どんな人でも変えられません。

例えば、朝になれば太陽が昇り、夜になれば太陽は沈みますが、これを変えようとしてもできません。朝は太陽が昇り、夜は太陽が沈むものです。

これと同じように、過去は変えられません。変えられないものについて考えても意味がないのです。

過去にどんなことがあったとしても、それを責めたりする必要はありません。どちらにしろ過去は変えられないのですから、自分に苦痛を与えても何の意味もありません。過去はすでに終わったことであり、自分が変えられるものではないのです。

現在ニートである、ということは、当然のことながらそこに至る過程があったということです。そして何らかの障害や困難、怠惰が積み重なり、それが現在の状況を作り出しています。現在の状況に不満があるとしたら、過去に問題を起こすような行動があったということです。

しかし、仮に過去の行動に問題があったとしても、過去は変えられないのです。それに対して苦痛を感じても、何も変わりません。変えられないことについては、悩んでも意味がありません。エネルギーの無駄です。

変えられない過去について考えるより、これからどうするか、ということ、未来について考えるべきです。これから過去を責めそうになったら、それは意味がない思考だと認識しましょう。そして未来について考えるのです。

大事なのは、この状況からどのように行動したら、自分はもっと良い方向に生きていけるか、ということを考えることなのです。

関連記事
 働けば解決というわけではない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。