働けば解決というわけではない

スポンサードリンク



ニートやひきこもりを脱出するにあたって知っておいてもらいたいことは、「仕事につき、働くことが可能になれば解決というわけではない」ということです。

もちろん、働くことはニート脱出の条件ですし、非常に良いことでもありますが、働けば事態が解決するという考え方は、あまり好ましくないと私は思っています。

働ける状態にあるけど働かない、怠けものタイプの親のすねかじり型ニートの場合は、普段から遊び歩くなどしているため、すでに社交性も十分にあり、仕事をする能力も多少なりともあると思われます。ですので、親のすねかじり型ニートの場合は、単純に働けば解決、ニート脱出、で済みます。

しかし、ひきこもり型ニートの場合は、社交性もなく、あまり多くの物事を経験していないため、仕事をする能力もあまり期待できません。仮に就職することができても、その能力の低さゆえに挫折し、退職ということも十分に考えられます。

正直に言いますと、私自身もニート脱出のためにとがんばって就職したのですが、あせりすぎたのが裏目に出て、すぐに退職。その後はひきこもり型ニートに逆戻りしてしまいました。

私の体験談からいうことができますが、ひきこもり型ニートのニート脱出に必要なのは、まず人間としての能力です。社交性だけでなく、様々な状況に対応できる力がなければ、就職してもニートに逆戻りする可能性は高いです。

つまり、ひきこもり型ニートのニート脱出は、働けば解決というわけではないことを知りましょう。

いきなり就職しても、辞めてしまえば意味がありません。むしろひきこもりを悪化させる可能性もあります。

まず大事なのは、仕事をするだけの能力、社交性も身につけること、就職を考えるのはそれからでも十分です。あせらずに成長していきましょう。

関連記事
 過去を責めない
 環境を責めない
 今できることをやる
 目標を作る
 無理には段階がある
 人生のツケを払う時期は必ず来る
 休み休みでOK!
 がんばり過ぎない。逃げ過ぎない。
 失敗=成長である
 後悔ではなく反省する
 今の自分の状況は、過去が作り出している
 ニート、ひきこもりでいることになんらかの意味を見出す
 明日は何か起こるかもしれない
 未来のことを考えすぎない
 自分を否定しない
 人と同じように生きる必要はない
 重要なのは、まず始めること
 いきなり大きな変化を期待しない
 欲望を持つ
 幸せになる方法はひとつしかない
 困ったら自分の最善を尽くすのみ
 一晩では桜は咲かない
 あなたはスロースターター
 未来は何が掘れるか分からない鉱山
 希望とは最高の味方である
 チャンスが来たら、それは「やれ」ということ
 完璧でなくてもいい。だから挑戦しよう。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。