ニート・ひきこもりとは

スポンサードリンク



ニート(NEET)とは
ニート(NEET)とは、イギリスでできた言葉で、本来は「仕事をしていない、教育を受けていない、職業訓練もしていない」人のことを指す言葉でした。ですが、日本で使用されるようになってからは、「働く意欲がない人」のことを…

ひきこもりとは
ひきこもりとは、文字通り自宅にひきこもっている人たちを指す言葉です。外出するが自宅にいることが多い、という軽度のひきこもりから、自分の部屋の外には出ず、家族に食事を部屋の前まで持ってきてもらうほどの重度のひきこもりまで…

ニート人口
厚生労働省の統計によれば、2006年のニート人口は62万人とされています。2002年にニートの定義に「非通学」「非家事」が追加されたため、統計上では一時的に人口が増加していますが、全体で見れば、ニート自体の数はそれほど…

ニートの分類
一口にニートといっても、実はいくつかの分類に分けることができます。ニートの分類といっても、定義があいまいなため、かなり個人的な主観を交えるものとなりますが、ニートを簡単に分類すると「親のすねかじり型ニート」と「ひきこもり…

ニートの実情
就業意欲の有無、ニートか求職者かに関係なく、無職期間がある場合、就職、再就職では不利になります。そのため、仮にニートから復帰し、仕事をしたいと心から思えるようになっても、…

ニート、ひきこもりに対する偏見、批判
ネット上などをざっと見てもわかりますが、ニートに対する偏見、批判はかなり多いと思われます。世間一般でのニートの解釈は、「働いていないのに、毎日食べている人(親…


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。