ニート、ひきこもりに対する偏見、批判

スポンサードリンク



ネット上などをざっと見てもわかりますが、ニートに対する偏見、批判はかなり多いと思われます。

世間一般でのニートの解釈は、「働いていないのに、毎日食べている人(親に食べさせてもらっている)」というものであるため、どうしても「働けるのに働いていない」という偏見があるように思います。

もちろん、ニートの中には働ける状況にあるが、働いていない「親のすねかじり型ニート」もいるわけですが、反対に社会にうまく溶け込めないで悩んでいる「ひきこもり型ニート」もいるわけです。

基本的に「ニート=働けるが働かない」という解釈があるため、ひきこもり型ニートも親のすねかじり型ニートも関係なく、ニートに対しては否定的な意見が多くなっています。

個人的にはニートに対する間違った理解が、批判や偏見を生んでいると考えているので、一般の方ももう少しニートに対する理解を深めていただければ、批判もなくなると思うのですが、普通に働くことができる方には、普通に働くことができないニートの気持ちなど理解できないのかもしれないですね。

ただ、一つ言えるのは、ニートに対する間違った解釈が偏見を生みだしていると思われるので(とはいえ多少の批判はあるでしょうが)、偏見を持つ人、批判する人に対しては悪印象を持たず、「この人はニートについて間違った解釈を持っているだけなんだ」と見逃してあげるくらいの気持ちでいると、ニート批判や偏見をあまり気にしなくても済むかも知れません。

関連記事
 ニート(NEET)とは
 ひきこもりとは
 ニート人口
 ニートの分類
 ニートの実情


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。