ひきこもりとは

スポンサードリンク



ひきこもりとは、文字通り自宅にひきこもっている人たちを指す言葉です。外出するが自宅にいることが多い、という軽度のひきこもりから、自分の部屋の外には出ず、家族に食事を部屋の前まで持ってきてもらうほどの重度のひきこもりまで、レベルは様々です。

ひきこもりの傾向としては、人と接することが怖い(対人恐怖症)ことが挙げられます。ひきこもりになる原因としては、人と接したくないという思いから外に出ることを拒むようになり、次第に自宅に引きこもるようになっていくことが多いようです。

ひきこもりが長期化した場合、人と接するコミュニケーションスキルが不足するようになり、「うまく人と接することができない」⇒「ひきこもりの悪化」というような悪循環に陥ってしまいます。

ひきこもりの場合、当然のことながら仕事をする機会がないため(在宅でできる仕事もないわけではないですが)、ひきこもりと同時にニートということになってきます。

そのため、ニートとひきこもりが同一視されたり、ほとんど同じ意味でニートとひきこもりが使用されることもあります。

関連記事
 ニート(NEET)とは
 ニート人口
 ニートの分類
 ニートの実情
 ニート、ひきこもりに対する偏見、批判


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。